key visual
Summer Izumi Miyazaki × BAL

2021.6.21 start.

Next Story
Next Monday!

Clip

2021.8.16

2021.8.9

2021.8.2

2021.7.26

2021.7.19

2021.7.12

2021.7.5

2021.6.28

2021.6.21

2021.6.14

2021.6.7

2021.6.1

Behind the Scenes

この度BALは、「アート」を通じてBALという「場」の体験をさらにアップデートしていきたいという思いを込めて、KYO-ZON(KYOTOGRAPHIE クリエイティブチーム)との四季を表現したビジュアルキャンペーン「Izumi Miyazaki × BAL」を開始しました。
「Izumi Miyazaki × BAL」は、自身を被写体にしたシュールなセルフポートレート作品を制作する宮崎いず美をアーティストに抜擢し、シーズン毎にポジティブなイメージを創造し、皆さまと共有していきたいと考えています。

キャンペーン第一弾は、日本の夏の風物詩であるスイカをメインモチーフとしています。中でもキーとなるビジュアルは、シーズナルアイテムを身に纏う8人の宮崎いず美が、割れたスイカから飛び出した実や種を想起させるという、シュールリアリスティックな写真作品です。このアート作品を通して、希薄になってしまった、四季の移り変わりを楽しむという日本人の感覚がよみがえり、コロナ禍の後には再び自然と共生していく時代がおとずれることを心から願っています。

宮崎いず美|Izumi Miyazaki

1994年生まれ。大学在学時にセルフポートレートを始め、ライフワークとする。2018年のKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭やFondazione PRADAでの展示、Valentinoとのコラボレーションなどを経て渡英。日本帰国後、現在はアートや広告などの枠を超えたクリエーションを行う。

共同企画:BAL、KYO-ZON
クリエイティブディレクション:仲西祐介&ルシール・レイボーズ(KYO-ZON)、フレデリック・レール (MAGASIN GENERAL)
プロダクション:玉置慎輔、大倉佑亮(KYO-ZON)
_

アートディレクション:宮崎いず美
写真/映像 撮影&編集:荒川幸祐
ヘアー:白鳥秀紀、清水彩美 (haku)
メイクアップ:中尾恭子
_

空間デザイン:小西啓睦(miso)
グラフィック:北原和規(ummm)

In pursuit of providing a renewed experience at BAL through the arts, we are pleased to announce the launch of “Izumi Miyazaki x BAL”, a visual campaign that expresses the four seasons, produced in collaboration with KYO-ZON (the creative team behind KYOTOGRAPHIE).
Artist Izumi Miyazaki, known for her surreal self-portraits, creates an upbeat image for each of the seasons in “Izumi Miyazaki x BAL”.

The first installation features watermelon, a quintessential Japanese summer fruit, as the main motif. This surrealist photographic work calls to mind watermelon seeds flying from the broken fruit, with eight self-portraits of Izumi Miyazaki wearing seasonal summer items as the key visual. It is our hope that this work of art will revive the Japanese appreciation for the changing of the seasons, and that we will once again live in harmony with nature in the post-pandemic world.

Izumi Miyazaki

Born in 1994, Izumi Miyazaki began taking self-portraits as a university student before developing her work into a career. After exhibiting at KYOTOGRAPHIE 2018 and Fondazione PRADA, as well as collaborating with Valentino, she moved to the UK. Since returning to Japan, her creative work has focused on transcending the boundaries of art and advertising.

Collaboration: BAL, KYO-ZON
Creative direction: Yusuke Nakanishi & Lucille Reyboz (KYO-ZON), Frederic LEYRE (MAGASIN GENERAL)
Production: Shinsuke Tamaki, Yusuke Okura(KYO-ZON)


Art direction: Izumi Miyazaki
Photography / Movie shooting & editing: Kosuke Arakawa
Hair: Hidenori Shiratori, Ayami Shimizu (haku)
Make-up: Kyoko Nakao

Scenography: Hiromitsu Konisi (miso)
Graphic: Kazuki Kitahara (ummm)