BAL

#

What's next?

Summer !

Izumi Miyazaki
×
BAL

Press Release:2021.6.14
BALは、2021年6月1日(火)より「KYOTOGRAPHIE(キョウトグラフィー)京都国際写真祭」のクリエイティブチーム「KYO-ZON(キョーゾン)とのコラボレーションプロジェクト「Izumi Miyazaki × BAL」を始動いたしました。

このプロジェクトでは、「宮崎いず美」をゲストアーティストとして起用し、1年間シーズン毎に4作品のビジュアルキャンペーンを展開していきます。日本の四季を連想させる風物詩をメインモチーフとした、宮崎いず美による撮り下ろし作品であるキー・ビジュアルは、夏至の6月21日(月)より京都/神戸両館内の各所に展示される他、作品からインスパイアされたさまざまなイメージが点在されます。

また、6月1日(火)よりスペシャルティザーサイトを開設し、キー・ビジュアルに纏わるショートムービーを毎週月曜日に、BAL公式ウェブサイトと公式SNSにて公開していきます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響により、これまでの日常の在り方が問い直され始めて1年以上の月日が経ちました。変わりゆくことと変わらないことが見えたり隠れたり、新たな日常を模索されている方も多いと想像します。 このような先行きの見えにくい時代ではありますが、私たち「BAL」は、これからの新しい日常の在り方に一つの提案を出してみたいと思い、本キャンペーンを開始しました。 このキャンペーンを通し、ぜひ多くの皆様とイメージを共有し、ポジティブな未来を一緒につくっていきたいと心より願っております。

ティザーwebサイト|www.bal-bldg.com/izumimiyazaki-bal2021/
インスタグラム| @kyoto_bal / @kobe_bal

ポジティブな未来を創造していくために
この度のKYO-ZON(KYOTOGRAPHIEクリエイティブチーム)との四季を表現したビジュアルキャンペーンは、「アート」を通じて、BALという「場」の体験をさらにアップデートしていきたいという思いを込めて企画しました。

新型コロナウィルス感染症拡大により、多くの人が暮らし方の変化を余儀なくされ、人と人との繋がりは一時的に分断されてしまいました。その一方でオンライン上でのコミュニケーションにより世界との繋がりはさらに広がっています。

世界が変化してゆく今だからこそ、一人一人がポジティブな未来を想像し、そのビジョンを共有していける「場」に、BALはなりたいと願っています。



企画・制作:KYO-ZON
アートディレクション:宮崎いず美
写真・映像撮影/編集:荒川幸祐

ヘアー・メイク:haku
衣装協力|AKOMEYA CABAaN TOMORROWLAND DRESSTERIOR ESTNATION EYEVAN jojo  manucurist MARNI ne Quittez pas PLAN C THE LIBRARY TOMORROWLAND  (アルファベット順)

BACK