BAL

#

【agnès b.(アニエスベー)】8/27(Fri) OPEN 京都BAL 3F

2.jpg

8月27日(金)より、京都BAL 3階にて『agnès b.』がオープン致します

ショップにはファム/オム / アンファン / トゥービー バイ アニエスベーの各ラインより、シーズン毎のウェアやバッグのフルコレクションがラインアップ。
またここでは、アニエスベーと親交の深いアーティスト達の作品やコラボアイテムの数々も、定期的に入れ替えを行いながら、洋服や雑貨類と同じ空間で展示販売されます。これは、アニエスベーの活動を
1ヵ所に集約した場所として、2020年にパリ13区に開館した文化複合施設 "La Fab." や、そこに併設さ れているギャラリー "galerie du jour" さながらに、ショップ全体としてアニエスベーというブランドを表現する場所でもあるのです。


【アニエスべー】
エスプリ溢れる洋服は、世界中の人に長く愛されています。
アニエスベーはアートや映画、音楽との関わりも深く、エイズ予防啓発運動やチャリティ活動などのファッションを通じた社会活動、海洋探査船タラ号のサポートを初めとした環境保護活動にも積極的に取り組んでいます。
アニエスベー公式サイト:www.agnesb.co.jp

【アニエスベーを語る上で欠かせないスピリット】
映画、音楽、アート、フォト、チャリティー、サステナブル、そして草花を愛するアニエスベーの生活に根付くパピルス草... ...。
アニエスベーの DNA とも言うべきこれらの要素を集約した店内は、1975年に開業した本国パリの1号店 "Rue du Jour" や、 古い郵便局を改築し2019年にオープンしたパリ16区 の "La Poste" のように、伝統と刷新が融合した空間で、関西におけるアニエスベーのカルチャーハブとしての役割を果たしていきます。


環境保護啓蒙活動やチャリティを通してあらゆる形でアート活動をサポートし続けるアニエスベーが、個人的に所蔵する5,000点以上の作品を一般公開している文化複合施設 "La Fab."。 「アニエスベー京都BAL店」でも、この "La Fab." と同様に、フランスを拠点に活動するアーティス ト Jean Faucheur Le Module de Zeer などアニエスベーの所蔵作品の一部が常設されます。
LL_img_271053_4.jpg

「スローグリーン」をテーマに、「自然でいられる、自然とつながる、暮らしを育む」ための様々なプロジェクトを手掛けるグリーン・ワイズ。 彼らが提唱する「茎道」が、アニエスベーのスピリットと共鳴しました。「自然な環境で育つ草花に対して敬意を示し、自然を慮る心持ち」としての『茎 道』に根差した草花のディスプレイを、「アニエスべー京都BAL店」でご覧いただけます。季節ごとの移り変わりの美しさをお楽しみください。LL_img_271053_5.jpg

【!!OPENING SPECIAL!! HIRAKU SUZUKI】27th Aug. - 17th Sep.
アニエスベーと親交の深い日本人アーティスト・鈴木ヒラクによるドローイング作品とコラボレーションアイテムがオープニングを飾ります。
2005年の東京で運命的な出会いを果たしたふたりは、2006年よりアニエスベーのパリのギャラリー "galerie du jour" で度々行われた展覧会やコレクションアイテムのコラボを始めさまざまな活動を共にしてきました。
今季のコラボレーションテーマは "野生の記号 Signes Sauvage"。 鈴木ヒラクが昨年のアニエスベーの誕生日に思い浮かんだいくつかの記号を描いて / 書いて、携帯で撮った写真をアニエスベーに送った際の私的なエピソードから生まれたドローイングがモチーフとなりました。 ファム、オム、アンファンで展開するTシャツやフーディーなどのウェアから トートバッグ、トラベルバッグそしてキャップと言った雑貨まで、タイムレスなアイテムがラインアップ。

「アニエスべー京都BAL店」では 8月27日(金)より、全国展開に先駆けて先行販売します。
https://www.agnesb.co.jp/brand/news/agnesb-hiraku-h2021/ (8月27日公開予定)

LL_img_271053_6.jpg

【KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2021アソシエイテッド プログラム】
Les Drôlesses
 18th Sep. - 28th Nov.
- 会場:BAL LAB / (京都BAL 4F) -
2020年の春、パリがロックダウンしたことを受け、アニエスベーは自主隔離を余儀なくされました。
そんな中、フランス人術作家 Cla're Tabouret が手掛けた2枚の肖像画を顔に見立て、自身のワードローブから選んだ私服をコーディネートして私邸の庭で撮影しました。
そうして生まれた彼女のユーモア溢 れる作品は80点 以上にのぼり、今年、アニエスベーと親交の深いパリのギャラリー MAGNIN-A で展示を開催するに至りました。

KYOTOGRAPHIE のアソシエイテッドプログラムとして開催する本展は、フランス国外では初公開となり、アニエスベーの私邸をイメージして設営された会場で展示を行います。彼女のクレールに対する愛情や尊敬と共に、タイムレスな洋服を世に送り出し続けてきたアニエスベーだからこそ出来るアーカイヴのコーディネートそのものも本展の見どころです。
本展は KYOTOGRAPHIE 閉幕後の11月28日(日)まで開催。
また本展の開催を記念し、展示する全作品を収録した写 真集 "Les Drôlesses" が「アニエス ベー京都BAL店」にて発売いたします。
アニエスベーの貴重なサイン入り本も、数量限定でご用意します。

写真集 "Les Drôlesses" 税込¥3,300(世界2000/日本500冊限定)
KYOTOGRAPHIE Official website: https://www.kyotographie.jp/exhibitions/les-drolesses-by-agnes-b/
LL_img_271053_7.jpg

【UPLINK KYOTO x agnès b. On aime le cinéma!】
アニエスベーにとって映画は、ブランドの創業当時からそのスピリットを物語る上で大切な要素のひとつとしての役割を果たしてきました。
2021年早春より、アニエスベーはアップリンク京都とパートナーシップ契約を結び年間を通してさまざまな取り組みを行う事により、 デザイナーである アニエスベーが長年にわたり愛してきた映画の世界をアップリンクの劇場を通して共有することを目指しています。 アニエスベーでは今後も、アップリンク京都と京都BAL店を拠点として関西圏におけるブランドスピリットの発信を行って行きます。
UPLINK_support_logo.jpg

【Le Module de Zeer mid Oct. - end of Nov.】
デザイナーのアニエスベーがパリの街角に描かれたゼールの作品に目を留めたことをきっかけに、アニエスベーとゼールとの交流が始まりました。
2015年に発表したコレクションでは、コラボレーションアイテムがランウェイに登場。
また同年にオープンしたアニエスベー銀座 Rue du Jour 店では、 店内壁面へのドローイングを依頼する等、数々のイベントを共にしてきました。

202162日から725日まで東京・青山のアニエスベー ギャラリーブティックで開催された、国内初のゼールの個展が、この度「アニエスベー京都BAL 店」へ巡回します。

本展は今年火星へ降り立ったNASA の探査船 "パーサヴィアランス" の名を展示名に据え、リトグラフからドローイング作品までゼールが近年制作した初 公開作品を展示販売します。リトグラフは現在も石板を使用していることで知られ、数々の著名アーティストの作品を手掛けてきたパリ最古のリトグラフアトリエ "IDEM PARIS(イデム・パ リ)" で制作されています。一部の作品では人工大理石へドローイングを施すなど、その素材感やクオリティも見どころです。

Le Module de Zeer : PERSEVERANCE / 忍耐 展https://www.agnesb.co.jp/brand/news/le-module-de-zeer/LL_img_271053_10.jpg

LL_img_271053_11.jpg

agnès b.京都BAL店
京都市中京区河原町三条下ル251
京都BAL 3階

お問い合わせ
TEL:075-708-5460

BACK